社長ご挨拶

日々挑戦する事を心がけ、情熱をもって行動する。

信頼関係を積み重ね、常に感謝の気持ちと謙虚な心を忘れず

お客様や社員、取引先に事業の継続と公平な利益と繁盛をもたらす

そして選ばれる会社となり社会に貢献する会社を目指します。

 

 

 

「紙」は私共の社会にとって、欠かすことの出来ない大切素材です。

紀元前1〜2世紀頃中国で発明された「紙」は、我が日本には4〜5世紀頃に朝鮮半島を経て伝達されたといわれています。 (技報堂出版、「紙の話」より) 

今日の紙は、抄紙技術などの発展により格段の進歩を遂げましたが、その過程においては同時に、文化創造・発展の基礎としての役割も果たしてきましたし、将来もその役割は変わることが無いと思います。

また現在、地球規模で「環境問題」が叫ばれていますが、製紙業界は「植林」や「古紙のリサイクル」など資源再利用を早くから行っており、エコリンク(EcoLink)活動のリーデング業界として社会に貢献しています。

西武紙業は、時代の様々な変化に対応しながら、紙流通のプロとして、お取引先様のご要望を的確に捉え「最適な紙を最適な条件でお届けする」ことをモットーに、社員一丸となって日々努力しております。

今後ともご愛顧頂けますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

代表取締役 皆元 勇二